Archive for the ‘nocategory’ Category

敏感肌の人は、肌がとてもデリケートなので、普通の人以上にお手入れには気を使う必要があります。とは言え、特別なことをする必要はありません。どの肌タイプの人にもあてはまることですが、自分の肌に合ったお手入れを毎日欠かさずにきちんと行うことが大切なのです。

幸いなことに、今では敏感肌用の刺激の少ないスキンケア用品がたくさん販売されているので、商品選びも簡単になりました。ただし、商品によっては自分の肌に合わない成分が含まれているものもあるので、できれば事前に試供品などでしばらく相性を確かめる方がいいでしょう。

また、日常的なお手入れの他に、特別な機会には特別なケアを加える必要があります。例えば、海水浴などのレジャーの場合には、日焼けを防ぐために日焼け止めを使う人がほとんどでしょう。

そして、その場合は日常生活で使うよりも、より紫外線防止効果の高い商品を使うはずです。このようなレジャー用の商品は、日焼け防止効果が高い反面、肌には負担になるものです。ですから、敏感肌の人は、レジャーの後では念入りに敏感肌化粧水を使ってスキンケアをする必要があります。丁寧にクレンジングをして余分な汚れをしっかりと落とし、化粧水や乳液でたっぷり保湿しなければなりません。

我が子がとても妖怪ウォッチが好きなようで、とうとうはまってしまいました。

これからグッズを集めるのに大変だなと思っていた今日、やはり事件は起きました。

お菓子屋さんに走っていったと思ったら、
妖怪ウォッチのお菓子を持てるだけ持とうとしていました。

お菓子は一つ!と教えているのですが、
このテンションにはビックリで、聞いてくれないので、すべて却下しました。

(さらに…)

ようやくダイエットを始めました。

妊娠中にどんどん太ってしまい、最終的には妊娠前と比べると14キロも増えてしまいました。

出産後は完全母乳育児だったので、授乳していれば自然と体重は落ちるだろうと
甘く考えていましたが、残念ながら痩せられず。

ダイエット食品だとを使って、一食置き換えダイエットなどをやってみたかったのですが、
授乳中は私から子どもへ栄養が送られているので、
少々不安な点もあったので、
授乳中は特にダイエットはせずに、太ったまま我慢していました。

(さらに…)

今日は子供が大好きなお笑い系のテレビがやっていました。

最近本当に面白いのが大好きなようで、見ながらげらげら大笑いしているんです。

そんな姿を見ていて周りが笑うっていう感じなんですよね。

楽しくって笑っているのでいいのですが、
楽しくなりすぎてテンションが上がりすぎるのには困ってしまいます。

(さらに…)

かなり寝相の悪い子供たち。

だいたい私が寝るころには、縦に寝ていたはずが、横になっています。
また直しても、今度は布団から出ていたり。

寝相のいい子供さんって、いるのでしょうか。
我が家は、起きているときも、寝ているときも、本当に活動的です。

さあ、寝よっと。
と思い寝室に行くと、今日は広々とした空間が待ち受けていました。

(さらに…)

赤白帽子の、後ろのゴムが伸びてしまったんです。

帽子のゴムでなくて、頭の後ろのギャザーみたいになってるところです。

前から気になっていたんだけど、どうやって直したらいいのか分からず。
調べてみたら、ミシンで上糸と下糸をそれぞれ赤白通してミシン掛け。
または、透明の糸で手縫いとのこと。

ミシンであの細いところを縫っていくって、何だか難しそう。
透明の糸を買ってきて手縫いにすることにしました。

(さらに…)

我が家には5歳の息子と2歳の娘がいるのですが、
上のお兄ちゃんの時に通っていたベビースイミングが楽しかったので、
ついに下の娘もベビースイミングデビューを果たしました。

もともとお風呂やプールが大好きなのでとても喜んでいたので良かったです。
(さらに…)

日々増え続ける子供のおもちゃ。

次男が産まれてからというものその数は日を追うごとに増加し、
収納ボックスを買ってはコツコツ片づけをしてまいりましたが
もはや我が家の収納スペースは限界でした。

っと、そこにまえからずっと気になっていたテレビ脇の引き戸が目にはいりました。

子供が産まれる前は、パソコンやらゲームソフトやらをおいていたのですが、
もはやそんなものをいじる時間もなくなり、今はカラっぽになっていました。

(さらに…)

5歳の息子はとーっても渋好み。

好きな食べ物は塩辛、漬物、枝豆、するめいかにピーナッツ!
まるでビールのあてのようなラインナップ。

テレビもこども番組よりはドキュメンタリーなどが好き。
一番好きなのはおうちをリフォームしたりつくったりする番組。

(さらに…)

昨年4月に入園した長男。早生まれなので、
どうしても同級生の子と比べると一回り小さいし、いろんな能力も幼いんだよね。

仕方のないことと頭ではわかっていても、やっぱり気になってしまいます。

そんな長男は、連休明け、突如として、幼稚園に行くのを嫌がるようになってしまいました。
(さらに…)