テレビで、制服の縫製をするシーンが映っていました。

手元は見えているのかな、というくらい早いスピードで一気にザーッと縫ってます。

しかもポケットを付けるという、私だったらどれだけ時間がかかるの?という作業。

あっという間に、しかも1ミリのずれもなく完成です。

職人だな、プロだなと憧れました。

ここまでになるのに、10年はかかったとか。
少しでも縫い目の幅がずれたりすると、着心地に影響するのだそうです。


ちょうどミシンで、息子のランチョンマットを作った私。

あまりにスピードが速すぎるので、一番遅いスピードでカタカタ縫うのに落ち着きました。

これでは、弟子入りもほど遠いですね。

でも、最近手作りをするのが少し楽しくなってきました。

ミシンも動かしていたほうが、故障が少ないそうなので、今度は巾着袋に挑戦したいです。

Comments are closed.